住宅を依頼する業者の実績確認を

住宅を建てる場合、依頼先としてハウスメーカーや工務店と並んで建築家が考えられます。建築家を選ぶ場合は実績を調べてみる必要があります。公共建築物の得意な設計者、オフィスビルの得意な設計者が、必ずしも居住施設を得意としているわけではありません。実態を調べてみることで、何を得意としているかがわかります。住宅の設計は他の用途の建築には無い、独特の難しさがあります。住み手が何を要求しているかは、実績を積んでいなければ簡単にはつかめません。設計事務所の規模も大規模である必要は無く、アトリエ的な雰囲気の職場で働く設計者が優秀であることが良くあります。

家を新築する時の選択肢

一戸建ての家を建てる場合には地元の工務店に建ててもらう、又は全国的に展開しているハウスメーカーに建ててもらう、あるいは建築設計事務所の有名建築家に住宅を依頼すると言った選択肢があります。工務店などはそこの親方などが施主の希望を聞き取り、それに従ってプランを提示するようになる場合が多いものです。ハウスメーカーの場合は色々とある既成の敷地や予算に合ったプランを提示してくれ、一部の変更など伴いながらそれにそって話を進める場合も多いものです。建築家が住宅造りに関わる場合には幾度となく打ち合わせの機会を持ち、敷地の形状や予算、法的な規制の中でプランを提示してくれてアイデアを伴ったデザイン的にも優れたものが建つ可能性が高いものです。そして設計監理が行われ施工は施工業者が行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅デザインを工夫したい All rights reserved